上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20150314ブラ歩きツアー00
【ブラ歩きツアー】 秘密のくんにょり集落(体験プログラム)
 平成26年度奄美群島民間チャレンジ支援事業採択メニューNo.04

 大和村国直集落は奄美市名瀬から車で30分。50世帯120人が暮らす小さなシマ(集落)。かつては「ヒダリジマ(幹線道路から離れた辺鄙な集落)」と呼ばれたこともある隠れた集落で、現在も県道を離れ集落に入り込まないとその様子を見ることはできません。しかし、国直集落は人々を引き付けてやまない魅力に満ちたシマ。白い砂浜とアダンの林。目の前に落ちる夕日と集う人々。ガジュマルの木陰とフクギ並木。おもろさうし(琉球和歌集)や平家伝説に残る歴史伝説。そして、何より小さいながらも助け合って暮らす優しい人々が住むシマ。そんな「秘密のくんにょり集落」を地元の青壮年団や老人クラブと歩いてみませんか?当日は地元ガイドがご案内するほか、浜辺のカフェで自家製野菜をふんだんに使ったおもてなし料理をご用意いたします。どうぞふるってご参加ください。なお、この度のツアーは新たな体験観光メニューづくりのためのモニターツアーです。ツアー中にご意見をお伺いするほか、アンケートへのご協力をお願いすることがございます。また、広報用に撮影を行いますので予めご了承願います。

開催日時:3月14日・15日・22日 午前10時から午後1時くらい
開催場所:大和村国直集落(喫茶てるぼーず集合)
体験内容:集落散策・昼食会 募集人員:先着10名様(最小催行人数:2名)
申込先:中村修(tel 090-6890-6972 e-mail erabuchianyo@gmail.com)
参加料:お一人様500円(昼食代・保険料含む)
注意事項:天候の都合により日程を変更する場合があります
主催:島おこしNPO法人TAMASU(たます・設立認証申請中)
20150221あおさツアー00
【絶品!潮汁ツアー】 アオサVSカメノテ(体験プログラム)
 平成26年度奄美群島民間チャレンジ支援事業採択メニューNo.03

 春先になると食卓をにぎわすアオサ(ヒトエグサ)ですが製品になるまでの行程は意外と知られていません。「絶品!潮汁ツアー」では地域のおばさんたちを講師に、磯場での海苔摘みから選別、洗浄、乾燥といった一連の行程を体験します。終了後はカメノテ(亀の手)や貝類料理の試食のほか、お土産をご用意いたします。どうぞふるってご参加ください。なお、この度のツアーは新たな体験観光メニューづくりのためのモニターツアーです。ツアー中にご意見をお伺いするほか、アンケートへのご協力をお願いすることがございます。また、広報用に撮影を行いますので予めご了承願います。

開催日時:2/21(土)・3/7(土)・3/21(土) 午前9時から午後2時くらい
開催場所:大和村国直公民館~湾内の磯場
体験内容:アオサ摘み・磯歩き・アオサ加工・潮汁試食
募集人員:各回先着10名様(最小催行人数:2名)
申込先:中村修(tel 090-6890-6972 e-mail erabuchianyo@gmail.com)
参加料:お一人様500円(昼食代・材料代・保険料・お土産代含む)
注意事項:天候の都合により日程を変更する場合があります
     磯場を歩く靴や軍手、服装でおこしください
主催:島おこしNPO法人TAMASU(たます・設立認証申請中)
20150222たんかんツアー00
【奇跡のタンカンツアー】 「奄美のアルプス」福元盆地が育む(体験プログラム)
 平成26年度奄美群島民間チャレンジ支援事業採択メニューNo.02

 大和村の福元盆地は奄美大島の中央、湯湾岳の麓に広がる丘陵地で標高が高く寒暖の差が大きいことからタンカン栽培の適地として知られています。松崎農園では2ヘクタールの畑に400本のタンカンを栽培しています。松崎さんによると今年は台風の影響から生産量は減少傾向にあるものの生育は順調で糖度も高水準を維持しているとのこと。ぜひ「奄美のアルプス」福元盆地で育まれた奇跡のタンカンをご賞味ください。当日は手作りジュースの試飲のほかお土産をご用意いたします。どうぞふるってご参加ください。なお、この度のツアーは新たな体験観光メニューづくりのためのモニターツアーです。ツアー中にご意見をお伺いするほか、アンケートへのご協力をお願いすることがございます。また、広報用に撮影を行いますので予めご了承願います。

開催日時:2月22日(日) 午前9時から午後2時くらい
開催場所:大和村福元盆地松崎農園(大和まほろば館にて集合)
体験内容:タンカン収穫及び選果作業・タンカン加工・ジュース試飲
募集人員:先着10人様(最小催行人数:2名)
申込先:中村修(tel 090-6890-6972 e-mail erabuchianyo@gmail.com)
参加料:お一人様500円(昼食代・材料代・保険料・お土産代含む)
注意事項:天候の都合により日程を変更する場合があります・農作業ができる服装でおこしください
主催:島おこしNPO法人TAMASU(たます・設立認証申請中)
20150215うわんふねツアー00
【旧正月うわんふねツアー】 幸せを呼ぶ島料理(体験プログラム)
 平成26年度奄美群島民間チャレンジ支援事業採択メニューNo.01

 奄美では大晦日や正月に塩豚とツバシャ(ツワブキ)を煮た「うわんふね」を食べ新年を迎えます。「旧正月うわんふねツアー」では2月19日の旧正月に合わせてツバシャの採取やウワンフネづくりに挑戦。シンプルだけど究極の島料理がみなさんを幸せにするはず。どうぞふるってご参加ください。 なお、この度のツアーは新たな体験観光メニュづくりのためのモニターツアーです。ツアー中にご意見をうかがったり、アンケートへのご協力をお願いすることがございます。また、広報用に撮影を行いますので予めご了承願います。

開催日時:2月15日(日) 午前9時から午後3時くらい
開催場所:大和村国直公民館~集落周辺
体験内容:ツワブキ採取・加工・うわんふね調理・試食
募集人員:先着10名様(最小催行人数:2名)
申込先:中村修(tel 090-6890-6972 e-mail erabuchianyo@gmail.com)
参加料:お一人様500円(昼食代・材料代・保険料・お土産代含む)
注意事項:天候の都合により日程を変更する場合があります 山道を歩く靴や軍手、服装でおこしください
主催:島おこしNPO法人TAMASU(たます・設立認証申請中)


20150215うわんふね11
 こちらは昨年末、12月28日に急きょ開催したモニターツアーの一コマ。実験的な取り組みでしたが参加者の皆さんからありがたいご意見やご感想をいただきました。レシピと行程の確認のため一連の流れをおさらいしてみます。

20150215うわんふね01
 オリエンテーリング終了後に国直周辺の山道でツバシャ(ツワブキ)の採取へ。刈り取るツバシャは古すぎず小さすぎず。葉っぱはその場で落とします。山道ですのでスニーカーや雨靴など歩きやすい服装でお越しください。軍手や鎌、テル(竹かご)には限りがありますのでなるべくご持参ください。虫よけ対策もお忘れなく。

20150215うわんふね02
 刈り取ったツバシャは折らずにそのまま茹でます。長いまま盛り付けるのが国直流。

20150215うわんふね03
 こちらは昔ながらのフーナベ(大鍋)で茹でました。調理用にあらかじめ加工したツバシャもご用意しておきます。

20150215うわんふね04
 うわんふねづくり一連の過程でもっとも手間のかかるツバシャの皮むき。辛い仕事は昔からユイワク(共同作業)したらしく「家主がソーメンや煮物を準備してくれたよ」と教えてくれました。みんなでワイワイお話ししながらの作業は一番の醍醐味かも。

20150215うわんふね05
 ムトゥ(元)とソラ(先)から丁寧に皮をむきますが川の残し具合も微妙で「固めでしっかりとしたのど越しが好き」という人もいて、好みは人それぞれ。

20150215うわんふね12
 裂いたツバシャは三日三晩流水にさらしてアクを抜きます。渋ーいツバシャが時間とともに甘くなっていきます。以前は川でさらしてましたが現在は農業用水(無料)があるのでとても便利です。

20150215うわんふね06
 骨付き豚肉の部位はアバラ(肋骨)、フェラボネ(肩甲骨)、ユユボネ(大腿骨)など。正月用のお肉は通常より大きめにカットされます。お肉屋さんで塩漬けしてくれますので前日水にさらして塩抜きをします。なお、塩加減は肉屋によって差がありますので味見をしながら塩を抜いてください。

20150215うわんふね07
 最初に下茹でした汁は捨て、二度目の茹で汁を利用してツバシャを茹でます。

20150215うわんふね08
  国直の味付けは塩と煮干しのみ(醤油は不使用)。具材は豚肉とツバシャと大根のみで色物野菜(ニンジンや厚揚げ)は入れません。お好みでフル(ニンニクの葉)を食べる直前に足すこともあります。

20150215うわんふね09
 シンプルな具材なのに出来上がりは濃厚で味わい深い料理に仕上がりました。ツバシャの野趣あふれる風味と豚の濃厚な脂が絶妙に絡み合います。数ある島料理の中でもナンバーワン。シンプルイズベストな味です。

20150215うわんふね10
 大晦日の我が家のうわんふね。大皿に巨大な肉の塊を盛り付けるので当然1回では食べきることができません。正月の間、家族全員が鍋の中にある自分の肉塊の所在を把握することになります。
20150115小正月01

【くゎしょうがつ】 小正月(年中行事)
 1月15日は小正月。
 奄美では別名カメザライといって正月料理を食べつくす日。
 残った塩豚でウワンフネ(豚骨)を煮るほか、トクモチ(床餅)でヒキャゲ(芋餅)を作って食べる。
 また、角松飾りや舟飾りを片付ける日でもある。


20150115小正月03
 【ヒキャゲ】イモと餅米の練り餅
 蒸したサツマイモと蒸した餅米の粉やトクモチを練り合わせて作る。
 村内では「ヨーカトハツカ」といって18日や20日に食べる集落もある。
 ヒキャゲは餅を「引き上げる(片付ける)」が語源か。


20150115小正月02
 【カドマツ】門松飾り
 松と竹、ウラジロを束ねて門口の左右に建てる。
 松はまっすぐに伸びた枝先を使い竹は内地式の斜めにカットしたものでなく枝先を使う。
 カドマツ建ては10年来カズオおじとの共同作業。
 今年も実家ほか5軒と船4艘分のカドマツを作った。
 最初に作った時はユズル(ユズリハ)を間違えて採り直しに行ったこともあったなー。
 もう、カズオおじと一緒に山に行くことはないけど懐かしい思い出じゃ。


20150115小正月04
 「15日は女性が家事を休む日だってダイエーで言ってたよ。」っち帰るなりチビKが言う。
 「さてはギョーカイ団体が売上アップのためムシのいいイベントを作りやがって悪習「恵方巻き」の再来か?」と思ったら意外。 1月15日は「女正月」とウィキペディアに載ってる。
 「本来は人日まで竈を休ませるはずの松の内に、忙しく働いた主婦をねぎらう意味で、女正月という地方もある。」だって。失礼しやした!
 画像は手抜き料理の定番レトルト鍋。新大久保のドンキで買った「サムゲタン」。 朝鮮薬味と糯米のスープがあったまる~。
 「うまいレトルトで十分満足」なんて言ったらぶっ飛ばされるか^^;
20141214KHF01
【くんにょり ハッピー フォーエバー】 厄払い(集落行事)
 08年→(1) (2) 09年→(3) (4) 10年→(5) (6) 11年→(7) (8) 12年→(9) 13年→(10)
 房鶴アンマ、勇オジ、ハマコ姉、清吉オジ、チズ姉。。。2008年は集落で悔やみが続いた年でした。
 落ち込みがちな集落民を励まし、盛大にキトバレ(厄払い)をして悲しみを吹き飛ばそうと始めたのが”くんにょりハッピーフォーエバー”。
 毎年年末の恒例行事となり今年で7回目の開催となりました。
 今では青壮年団が子供会や老人クラブ・婦人会をもてなす集落大忘年会の様相を呈しています。

20141214KHF02
 第1回から毎年続けているのが餅つき。
みんなでついて威勢のいい掛け声がかかれば気分は師走。


20141214KHF03
 「トヨハルの餅汚ねー」(byスミコ)

20141214KHF04
 ナグピザフル回転!(総料理長byふみや)

20141214KHF05
 人間国宝が握る名店「シゲ寿司」

20141214KHF06
 ~ 全部青壮年団が心を込めて作った手料理 ~

20141214KHF07
 くんにょり米姉節の新歌詞を披露~いつもありがとねー(byヤッサンの島唄)

20141214KHF08
 いつも変わらずお美しい!(byまさよ姉)

20141214KHF09
 「だめよ~ん だめだめ~ん」(byのりおじ)

20141214KHF10
 「はっけよーい のこったー!」( #洗濯バサミ相撲)

20141214KHF11
 どこを挟んでいるかはご想像にお任せします( #悶絶)

20141214KHF12
 今年もいただきました「クンニョリ サイコー!」(byしげを)

20141214KHF13
 シメは国直名物「マッコノメラベ」

 集落民総出で食べて、飲んで、唄って、笑った楽しい夜でした。
 ハッピーフォーエバーが終われば国直も年越しモード突入。
 このまま無事にみんなで正月を迎えましょう。
 元旦は恒例のヤースキ(新年あいさつまわり)。
 来年は気合を入れて飲むどー
2014.10.20 どぅんが(2)
20141020どぅんが.jpg
【どぅんが】 ドゥンガ(年中行事) (1)
 アラセツ、シバサシ、ドゥンガと続く島のミハチガツ(八月三節)最後の祭。
 ドゥンガマツリといって朝早くから墓参りに行くほか、集落の各家々で八月踊りを踊るヤーマワリ(家廻り)をする。
 また、翌日はスティドゥンガといって一番悪い日なので何もしてはいけないとされ、「ドゥンガの旅はするな」と伝えられています。
※ アラセツ→旧暦八月最初の丙(ひのえ)・シバサシ→アラセツの次の壬(みずのえ)・ドゥンガ→シバサシの次の甲(きのえ)子(ね)


20141020どぅんが2
 舟漕ぎ、お盆、夏祭り、運動会、豊年祭、村体と続いた怒涛の地域行事も今日でひと段落。
 オバらに「来年はもっと八月踊りの稽古をして新しい曲をマスターするからよ」と話したけどたしか去年も同じようなことを言ってた気がする。「のど元過ぎれば何とやら・・」で、毎年毎年成長がないな。まったく(>_<)
 いやいや、昨日と同じ日はないし、去年とは大きく、ま、少しは成長していることを信じよう(泣)
 まずは自分に課した目標を再度確認!優先順位をつけて取り掛かろう。
 アレの開催と申請、アレの購入とアレの運用。手始めは視察旅行か(笑)
2014.05.09 かむぃ(5)
20140509スモモロード01
【かむぃ】 ウミガメ(海亀)
 爬虫類・カメ目・ウミガメ科・(アオウミガメ・アカウミガメ・タイマイ)これまでの投稿→ 子ガメ(1)(2)(3)(4)
 国直海岸では5月から7月の間、ウミガメが産卵のため上陸し、その2月後には子ガメの孵化を見ることができます。
 集落では人工光によるウミガメへのストレス軽減および子ガメの迷走防止対策としてスモモロード運動(街灯への赤色カバーの装着)に取り組んでいます。
 通常の街灯に比べ薄暗く通行の際は大変不便をおかけていますが当運動も3年目を迎えました。日ごろのご理解に心から感謝いたします。
 また、ウミガメの孵化や産卵を観察する際は赤色ライトの装着を呼びかけています。赤色ライトは通常の懐中電灯に百均や量販店で販売している赤色フィルムを張るだけでOKですので、どうかご協力くださいますようお願いします。
 ウミガメと共生するシマ(集落)・くんにょり(国直)を目指して。。。


20140509スモモロード02
 ウミガメ観察は赤色ライトでお静かに by チャーリー画伯

20140509スモモロード03
 そんなわけで「ウミガメミーティング」開催のお知らせ
 奄美大島☆撮影日記から転載

 今年初めてのウミガメミーティングを5月10日土曜日に開催します。ミーティングでは、昨年の調査結果報告、今年の活動計画、ウミガメ観察講習会を予定しております。今年は「ウミガメに優しい集落(シマ)づくりプロジェクト」も始動します!ウミガメを活用した集落活性化をお考えの方、近所の浜でウミガメ産卵観察をしたい方、ウミガメ好きな方、お気軽にご参加下さい。

開催日時:5月10日(土)午後6時〜7時
開催場所:奄美海洋展示館2階映像ホール
主催:奄美海洋生物研究会
内容①昨年度ウミガメ上陸産卵調査結果報告
  ②今年度ウミガメ調査計画および保全活動計画
  ③ウミガメ観察講習会
   「ウミガメ観察の注意点について」興克樹
   「大和村国直集落の取り組み発表」中村修
   「伊仙町古里集落の取り組み発表」内山五織
※入場無料、事前申し込み不要
20140307posta.jpg
【みゃくざきつつじ】 タイワンヤマツツジ(樹木名) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9)
 ツツジ科・ツツジ属・常緑低木
 ささんと宮古崎の丘陵部)に自生するタイワンヤマツツジの亜種で、鮮やかな朱色の花が印象的です。盗掘によって絶滅に瀕しているツツジを復活させようと、国直青壮年団を中心としたメンバーでツツジの植樹と併せて「宮古崎つつじウォーク」を毎年開催。第5回目の今年は3月9日(日)に行います。みなさんもウォーキングと植樹で宮古崎の再生を応援しませんか!



日 時:3月9日(日)10:00~12:00(雨天決行)
受 付:8:30~当日受付(国直公民館)
コース:国直公民館~宮古崎(往復5キロ)
参加費:500円・高校生以下無料(昼食代・保険料含)
連絡先:090-6890-6972(中村)
主 催:宮古崎つつじウォーク実行委員会
後 援:国直集落・国直青壮年団

ゴールの後はごゆっくり・・・
○ 婦人会が特製カレーライスをご用意。まかないメニュー「イノシシカレー」も!
○ 国直集落散策会を開催。貴方の知らない「くんにょり」をご案内!
○ 公民館前にてミニライブを開催。国直ゆかりのシークレットゲストが出演!
2014.02.11 たんかん
20140211ゆりあタンカン
【たんかん】タンカン(果樹名)
 タンカンは中国福広東省を原産地とする柑橘類で、ポンカンとネーブルオレンジの自然交配種。高い糖度と程度な酸味(クエン酸)、豊かな香りが特徴のミカンで屋久島から奄美、沖縄の南西諸島で広く栽培されています。奄美大島では昭和40年代から本格的に栽培が始まり、現在では奄美大島果樹栽培の基幹作物に成長。本村においても40戸の農家が約18ヘクタールのタンカンを栽培しています。


20140211JAタンカン
 2月に入り奄美の冬の味覚「タンカン」が収穫期を迎えました。2013年から導入された光センサー選果機により外見はもとより糖度や酸味が厳しく管理され寄り品質の高いタンカンを提供しています。奄美の冬の味「完熟タンカン」をご賞味下さい。
 JAあまみへのご注文は電話0997-57-6057・ファックス997-54-9601まで。


20140211まほろばタンカン
 大和まほろば館では村内農家のタンカンを取りまとめて販売を行っています。
 大和まほろばへのご注文は電話0997-57-2980・ファックス997-57-2982まで。


20140211松崎タンカン
 大和村の福元盆地は奄美大島の中央に位置し、奄美最高峰湯湾岳の麓に広がる丘陵地。高い標高と寒暖の激しい気候から近年はタンカン栽培の有力地として注目を集め一大タンカン産地となりつつあります。
 福元地区にてタンカンを栽培する松崎農園へのご注文は電話(ファックス兼用)0997-57-2227まで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。