上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【かとくなべかなぶし】 嘉徳なべ加那節(島唄)

 かどくなぶぃかなや       (嘉徳のなべ加那は)
 いきゃしゃる まれしゅたかや (どんな生まれをしたのか)
 うやに むぃじくまし       (親に水を汲ませて)
 いしゅてぃ あむぃる       (居して水浴びをしている)

 歌詞どおりに読むと、なべ加那は親に水を汲ませて居ながら水浴びをする親不孝な娘と解釈されますが、実は親でさえあがめる神高い女性であったという説が有力です。

081013titose

 10月13日月曜日は、アシビの10周年記念イベントのひとつとして元ちとせのライブがありました。
 みんな知っているとおり元ちとせは、大島郡瀬戸内町嘉徳出身の唄者です。
 ちとせのライブを見るのは(メジャーデビュー翌日の)2002.03.07、”伝説の”アシビライブ以来でした。
 7時過ぎに店に着くとすでに開場しており、(当然空席も無いので)一言憲吾に挨拶をしたあと、ドリンクオーダーやトイレも行かずステージ正面のボックス席前の"一等地"にスタンディングで陣取りました。
 いよいよ、9時過ぎにちとせが登場するとあちこちから「おかえりー!」と歓声が上がり、「おがみんしょーらん!」との第一声でライブが始まりました。
 ファンキーなヘアスタイルとキュートなアフリカンダンス、なにより地元でしか見られない”素”の笑顔が可愛いかった 
 5曲目(?)の”甘露”はポップ感溢れる曲で兄ょのお気に入りです。
 我那覇美奈とハシケンと3人で歌ったキャロルキングの”You've Got A Friend"もスゴク良かった
 復帰後にリリースされたアルバムを中心に全11曲を熱唱し、ステージの最後はサモ・ガリの乱入?により六調で盛り上がりました (巷で噂された歌声の変化も大夫回復していて安心しました)
 本当に楽しく、ちとせと憲吾に(アシビに)感謝の夜でした
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/95-86155ae4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。