上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.05 すわしん
081005suasin01
【すわしん】 バラハタ(魚類名)
 スズキ目・ハタ科・バラハタ (08.10.03昼 宮古崎水深10m銛漁により捕獲 3.8kg)
 水深5m以上の潮通しの良い珊瑚礁外縁に単独で生息しています。
 毒性のあるの藻や貝、蟹を補食している個体は体内にシガテラ毒とよばれる猛毒を蓄えており、食べると、おう吐、下痢、倦怠感、関節痛、感覚異常等を引き起こします。
 毒魚の見分け方として、極端に痩せているモノや胸びれを前方に返して頭より前に出るモノ、エラを舐めてしびれを感じるモノ、等は毒を持っていると言われています。
 太平洋岸では毒を持っている頻度が高いようですが、宮古崎周辺で捕獲されたスワシンが中毒を起こしたという話は聞いたことがありません。
 

081005suasin02
 
 「今晩10人の客がいるからサシミを捕っていこい。」と、ヤス姉からの指令で”つきいしょ”(銛漁)で突いてきたスワシンです。
 さすがに、民宿で客に出すわけにはいきませんが、かずおオジに見せたら間違いなく食べられると言うので、サシミにして青壮年団で食べました
 食べ終わった後、「なまぬサシミやハージンあらんスワシンどー。」とみんなに教えてあげるとギョッとしていました。
 シガテラ毒は加熱により毒が活性化すると聞きますが、アラや内蔵を汁にして食べたかずおオジは大丈夫だったかい?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/89-9e2b6a92
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。