上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
isiganto080909
【まじむんばれいし】 悪霊払い石(石敢當)
 中国伝来の風習で、沖縄を中心とした南西諸島から鹿児島県本土で見られる魔よけの一種です。
 村を徘徊する”まじむん”(悪霊)は道路を曲がれずに直進する性質があるので、T字路にある家では魔よけのため突き当たりに”まじむんばれいし”を設置しまじむんが侵入するのを防ぎます。
 現在では石屋による表札タイプが大勢を占めていますが、以前は文字なしの無刻石が多く見られたそうです。


kuninao080909
 国直の道路には十字路がありません。
 海岸につながる”じょぐち”(ストリート)はまっすぐと海へ向かってのびますが、集落を横切る”なかみち”(アベニュー)は微妙にずれて、両者はT字型に交差します。
 現代人は直角に交差し一直線の道路を作りがちですが、国直のおやふじはあえて見通しの悪い曲がった道路を作ったようです。
 これは災いを恐れる風水学的な根拠によるものなのか、城(グスク)により村を守る軍事学的な根拠なのか非常に興味が湧きます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/72-c98b0958
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。