上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.03 あみつくれ
ami01
【あみつくれ】 網繕い(漁労)
 エビ網漁は実際に海でエビを捕る作業より、回収後の破れた網を補修する”あみつくれ”の方が数倍時間を要する地道な漁です。
 あみつくれは、予め網と同じ太さのナイロン糸(10巻)を編み針に巻きつけて網を縫えるよう準備します(2.3本準備しておくと効率よく縫えます)。
 次に網の破損部の糸を切り落として、結束する菱形の目を切り出していきます。
 網を縫う際は連続して少ない本数で結んだ方が強度が増すので、網の”耳”(3本クロスではなく2本クロス)を出すよう大胆にカットすることが網を丈夫に繕うコツです。
 結び目は小さな目で確実に固定することができる蛙又(かえるまた)と呼ばれる結節で結ぶときれいに仕上がります。

 先日、親川浜に網を刺したのですが夜中に風がドン吹きになり、比較的新しい4番網(*)がボロボロになってしまいました。 明日は一日あみつくれです。
(* 便宜的に網の古い順に1~6番まで番号を付けて使い分けています。)


ami03
 いつも仕事から帰ると、ランドセルを放り投げて遊びに行く小学生のような勢いで漁に出る兄ょですが、ここ数日うねりが取れず漁に出ることができません
 こんな日は、気持ちを切り替えて”いしょどーぐ”(漁具)の手入れやあみつくれをする日にします
 平日の昼間っから”プシュッ”とビールを開け、ほろ酔い気分で島唄のCDなど聴きながらまったりと網に向かって過ごす時が兄ょが最も落ち着く時間です
【*´ω`*】マターリ・゚・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/70-2545674d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。