上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.25 いびとり(3)
hasami01
いびとり】 イセエビ漁(漁業)
 イセエビは岩礁地の割れ目や珊瑚の隙間等の”いびんす(エビの巣)”と呼ばれる決まった場所に住み着いいています。
イセエビ漁は”いび網”とよばれる小型の網で絡め捕る刺網漁と、”いびばさみ”(エビ鋏)や”がぎ”(鈎)で捕獲する夜間電灯潜漁がありますが、兄ょは潮や天候にあわせて両方を使い分けます(前出)。
 電灯潜漁では、お尻から穴に入っているエビに正面から向かい合い、ライトを直接当てないよう、また触覚に触れないよう注意しながらいびばさみで縦にはさみ穴から引き出します。
 いびばさみは一度挟んだは絶対逃がさないスグレモノです。

gagi01
 がぎ(鈎)でエビを捕る際は、腹の下にそっとがぎを差し込み腹に引っ掛けて捕まえます。
 エビ用のがぎはタコ用のそれと異なり掛かりが鋭角に曲がっています(タコ用は曲線)。
 がぎの角度によってエビの掛かり異なるので、漁師はそれぞれ工夫を凝らしてがぎを作ります。
 独自のがぎを他人に見られたくないので、漁が終わると必ず自宅へ持ち帰り厳重に保管したそうです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/64-5fc04a6c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。