上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.22 こぼしょめ
kobushime01

【こぼしょめ】 甲イカ(魚類名)
 コウイカ目・コウイカ科・コブシメ。
 こぼしょめは水温が下がる11月から4月頃に産卵のため沖合から浅瀬に寄ってきます。
 毎年同じ場所に集まってきて交接(繁殖)し、そこにある枝珊瑚の隙間に真珠のような白い卵を産み付けます
 繁殖場所のことを”こぼしょめやー(家)”と呼び、繁殖期のやーのまわりは若いこぼしょめの男女(?)が夜な夜な集まってきて、さながら海中の八月踊り状態となります 


 しかし、07-08のシーズンは過去に例のない不漁でした。
 大和浜のこぼしょめやーにこぼしょめが現れず、珊瑚にも産卵の形跡が見られませんでした。
 湾内でこぼしょめに遭遇する頻度も極端に減り、その大きさも例年だと6kg~8kgがメインなのですが、昨シーズンは5kg以下のいわゆる”なしぶり”が大半を占めました。
 地球温暖化や環境汚染、乱獲の影響でしょうか
 来シーズンには多くのこぼしょめが帰ってくることを願います
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/5-43c559cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。