上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.30 みょうゆ
minokasago01【みょうゆ】 ミノカサゴ(魚類名)
 カサゴ目・フサカサゴ科
 和名、方言ともに、大きく長いヒレが蓑をかぶっているように見えることから名前が付いたのでしょう。
 欧米人にはヒレが雄ライオンのたてがみに見えたらしく、英名”ライオンフィッシュ”といいます。
 夜行性で昼間は岩礁地の影に潜んでいて、人間が近づいてもなかなか逃げません(しかし照れ屋さんらしくカメラを向けると横を向いてしまいます)。
 背ビレ、胸ビレ、尻ビレに強烈な毒を持ち、あふぁ(オニダルマオコゼ)と並んで海の危険生物の代表格です。
 刺されると激しく痛み患部が赤く腫れあがります。
 場合によっては、発熱、発汗、吐き気、呼吸困難に陥ることがあります。
 応急処置はあふぁ同様に患部をお湯に漬けると毒が不活性化するそうです。


minokasago02
 いつも海の中でみょうゆに出会うと苦々しい視線で見つめていました。
 こいつには小学2年の時、右手を刺されて掌がグローブのように腫れ上がった経験があるからです
 「きっといつか唐揚げにして食ってやる」と思って見ていましたが・・・
 今日初めてまじまじと見てみると結構可愛い表情をしていることに気づきました
 目の上の触覚なんかとてもオチャメです。
 30年来の長く続いた確執ですが今日で和解します
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/47-134a393c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。