上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.01.18 ひきゃげ
20140118ひきゃげ01
【ひきゃげ】サツマイモと餅粉のお餅(正月料理)
 ひきゃげは蒸したサツマイモと餅粉を混ぜ練り合した正月料理。ヨーカトハツカ(1月18日と20日)にトクモチ(鏡餅)を「引き揚げ」て作ることからこう呼ばれているとか(真偽のほどは不明)。どちらにしても正真正銘、最後の正月料理。


20140118ひきゃげ06
 伝統文化を残したいという思いから大和村のカレンダーにも「ヒキャゲ」と掲載。「カレンダーを見て作ったよ」という声を聞くとほんとにうれしくなる。今年も恵子姉が中心となって国直莢の会(くになおさやのかい)と子供たちがひきゃげ作りに挑戦した。

20140118ひきゃげ02
 まずは茹でたサツマイモのうえに餅粉をちぎって投入し加熱(すでにサツマイモが甘くておいしい!)。餅粉が透明になったら木べらやすりこ木でかき混ぜる

20140118ひきゃげ03
 混ぜながら砂糖を加える(砂糖の量は好みだけど少なめのほうがサツマイモ本来の甘味が際立って美味)。

20140118ひきゃげ04
 今年は試験的にムラサキイモも使用。途中、茹で汁が真っ黒になりオバ達の脳裏に不安がよぎるもきれいな紫色になって一安心。

20140118ひきゃげ07
 サツマイモを15キロも使うと食べきれないほど大量に出来上がった。余ったヒキャゲは集落中におすそ分けしたとか。

20140118ひきゃげ05
 料理の後はみんなでゆんきゃぶり(おしゃべり)ながらの試食会。人工甘味料にはない素朴な甘さが懐かしかった。
 子供とお年寄りが交流しながら料理を作るいいイベントだったやー。毎年続けたいねー。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/294-55df3ded
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。