上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20140104成人式
【ねせ めらべや しまぬ たから】 青年処女はシマの宝(島の諺)
 青年男女はシマ(集落)の宝であるということ。これから子を産み育てて村の繁栄の元になるべき人々だから次代の村をになう大切な世代だ。若い、若いといってあなどってはならぬ。(三上絢子編奄美諸島の諺集成)


 毎年1月4日は村の成人式。今年は29名の“ねせめらべ”(青年男女)の成人を祝った。
 成人式のメインは成人者全員のスピーチタイム。それぞれが現在の生活、将来の夢、両親や地域への感謝など、どれも二十歳の若者とは思えないしっかりとした口調で語ってくれた。そんなスピーチの大トリを務めたのが国直のシンノスケだった(あとから思えば意識的に最後尾に陣取ったのかもしれん)。
 多くの若者が「将来は奄美大島や大和村の役に立ちたい」と述べるなか、シンノスケは「僕は大和村というより国直が大好きです。国直は子供からお年寄りまで家族のように暮らしています。目の前で撮影をしているオサム、会場の外で見守る子供たち、集落の人みんなが僕のことを見守ってくれています。僕は今、鹿児島で革細工の修業をしていますが、将来は必ず国直に帰ってお店を開きたいと思います」と語った。
 シンノスケのあまりにもストレートな言葉に目がウルウるしてしばらくファインダーから目が離せなかった。別れの挨拶もせず風来坊のように出て行ったけど「やっぱりこいつは国直から離れないでいる」そう感じてとても嬉しかった。
 「ねせ めらべや しまぬ たから」じゃ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/292-d08674d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。