上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.01.01 やーつき(4)
20140101やーすき01
【やーつき】 年頭挨拶回り(年中行事) 2009年のやーつき(1) 2010年のやーつき(2) 2011年のやーつき(3) 2012年のあささんごん
 正月に親戚宅や集落をまわって年頭のあいさつを行うことで“やーすき”とか、”やーまわり”と言います。
 通常は正月三が日を通じて行われる”やーつき”ですが、国直では元旦の内に強行軍ですべての青壮年団員全員宅をまわります。
 今年は涙、ナミダで思い出に残るヤースキでした。


20140101やーすき021
 岡崎家では、ユージ兄が今年成人式を迎える一人娘まりかの昔話をしていると感極まって泣きはじめた。まるで嫁に行く娘を送るくらい顔がくしゃくしゃになっとった。

20140101やーすき022
 盛山家では、普段無口なトッカ叔父が「若者たちに昔の国直を知ってほしいから」と話し始めると、オジの熱い郷土愛に感動したタダシ兄が泣き出した。こうなると涙腺が緩んで涙が伝染し始める。

20140101やーすき023
 座安家では、ハル叔母が「いつもヤースキになると(亡くなった)武志を思う」と泣くと、ユキナリ兄が「子供の成長の喜びと集落へ感謝します」と泣きながらお礼を述べた。しまいには勝に抱えられたアサヒ(カズキの新嫁)が驚いて泣き出すハプニングも。

20140101やーすき024
 塩屋家ではちょっとうれしい涙。難病を発症し骨髄移植を受けた長女アイリが一時帰宅していた。まだまだ東京での闘病生活は続くけど「家族そろって正月を迎えことができたのは本当にうれしい」とケンサクが話すとワンだって泣かずにはおれんかった。

 集落民の優しさと思いやりを実感した今年のヤースキでした。快く出迎えたホストファミリーの皆さん本当にありがとうございました。これからも青壮年団、一致団結して集落を盛り上げていく所存です。たまにうるさくしてご迷惑をおかけしますがどうかお許しください。でぃ、きばらんば。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/290-2110a050
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。