上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20101031borantita01
【いしはらくみきち】 荒れ道を越えて(島唄)

(唄) (ヨハレイー) いもちゃんちゅうど 真実あらめ (イチヤヌカラン ヒルヌカランド)
    石原踏みきち (イヤササ) いもちゃんちゅうど 真実あらめ

(訳) いらして下さった人こそ 真実の友人ですよ
    荒れ道を越えて いらして下さった人こそ真実の友人ですよ

 「一切り朝花節」(ちゅっきゃりあさばなぶし)を始め多くの島唄で唄われる歌詞で、最近ではサーモン&ガーリックの「真実どー!」で若者にも親しまれています。


20101031borantita02
 10.20奄美豪雨から11日が経過。
 ライフラインが復旧し、土砂や粗大ゴミの撤去がひと段落した集落だが平穏な暮らしはまだ遠い。
 床下や家屋に流れ込んだ土砂は悪臭を放ち、乾燥すると粉塵となって集落を包み込む。
 重機による撤去作業を終えた今、人々が必要とするのはボランティアによる人海戦術だ。
 復旧作業には、先日の宇検村役場職員を始め鹿児島県警、マングースバスターズ、徳州会病院、名瀬郷友会等々多くの人たちが駆けつけてくれた。
 中には、夜中の3時に電話で、「あひた、ホランテアに行ってもいいしゅかぁ~。」と、明らかに冷やかしと思えた酔っ払いの若者グループが、早朝から現場に出向き黙々と作業をする姿には頭が下がった。
 作業を行う若者達は必死でありながらその顔は笑顔であふれている。
 私達は彼らの苦労を忘れてはいけない。見返りを求めない真実の友情を忘れないだろう。
 「いもちゃんちゅう」こそ真実なのだから。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/260-38896372
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。