上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.23 かむぃ
100723kame01
【かむぃ】 ウミガメ(海亀)
 爬虫類・カメ目・ウミガメ科・(アオウミガメ・アカウミガメ・タイマイ)
 ウミガメは5月から7月の間の夜間(まれに昼間も)、産卵のため砂浜に上陸します。
 用心深く砂浜に上陸するウミガメですが、十分な海岸幅がなかったり、砂の堆積が60Cm未満であったり、卵がふ化するのに適した細かな砂がない場合は砂浜を掘り散らかすだけで産卵せずに海に帰ってしまいます。
 近年は波の浸食により海岸が痩せ(砂の量が減って)ウミガメの産卵できる海岸が減少していまが、今年の国直海岸はウミガメの上陸クラッシュで、5月18日の初観測以来15頭以上の上陸を確認しています。


100723kame02
 おととい、キャプテンゆーじ兄(舟漕飲みキャプテン)がユンボで海岸の整地作業をしていたら、砂の中から亀の卵が出てきたらしい
 一部破れた殻の中から亀の形になりかけた個体が見えたというので、恐らく6月13日に上陸が確認されたカメの卵でしょう。
 すぐさま村の自然保護推進員の永井さんと勝間田さんが来て、防護のためのバリケードと看板を設置して行きました
 ウミガメは産卵から60日後にふ化するらしいので、8月13日金曜日の夜9時頃(満潮時)にはかわいい子ガメが見れるかも(おととしの子ガメ
 みなさ~ん、8月13日は子ガメツアーで国直海岸に集合ですよ~


100723kame03
 6月13日には複数のウミガメの上陸が確認され、その足跡を見比べたら産卵の卵はアオウミガメだと推測できました(上の左側の写真)。
 アカウミガメやタイマイは、左右の足を交互に動かして(クロールのように)進むのですが、アオウミガメは左右の足をそろえて動かせて(バタフライのように)進みます。
 上の写真を見比べると、左の写真はアオウミガメの特徴である左右対称の足跡で胴体の跡も真っ直ぐですが、右の写真は左右の足跡がずれてるうえ胴体の跡が左右にターンしながら進んでいるのでアカウミガメと思われます。
 ちなみに右側のアカウミガメは産卵せずに海へ帰ったようでした
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/251-8bd47c3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。