上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.21 やとぅ
100720yato01
【やとぅ】 リーフの割れ目(地形)
 サンゴ礁が発達してできた岩盤状のリーフの割れ目で、“やとぅ”とか“やとぅんむぃ”(むぃ=穴)と呼ばれます。
 やとぅは、“くし”(リーフ)を越えて“いのー”(礁池)に流れ込んだ海水を排出する排水路の役割を持ち、リーフと垂直方向に(陸から海へ)櫛状に連なります。
 トンネル状に長く延びた穴は昼間でも薄暗く、夜行性の生き物の格好の住処となり、“イビ”や“ハンガヤ”等の甲殻類や“ネバリ”や“ハーユ”といった高級魚が多く生息しています。
 また、水面を泳いで獲物を探す流し泳ぎに比べ、やとぅ潜りは体力を消耗するうえ危険を伴います。
 「夜間電灯潜り漁でイセエビ捕りをしている際、やとぅの中でライトを岩にぶつけたはずみにライトが消灯してしまい暗闇の中を手探りで穴から脱出した。」
 素潜り漁師なら一度や二度はこのような危険な経験があるはずです。


 やとぅに出入りする際は、出口を見失ったり体や付属物が引っかかる等不測の危険を避けるため、「やとぅや いっちゃんむぃら いじりゅん」(割れ目は、入った穴から出る)という格言があります(byえらぶち兄ょ)
 そんな自分で自分に課したルールの意味を再確認させられ、危険な経験をしたことがありました
 うてぃるみずでエビ捕りをしている時の話。

 イセエビに誘われるようにリーフ中央に開いた穴から潜り、「そのうち海側の出口があるだろう。」と、勝手な思いこみで水路を奥に進み20m以上潜行したところで初めて自分の置かれている状況に気付いた
 「恐らく水路は外洋と通じているだろうけど、もしこの先が出口でなかったら死ぬ。 肺の残量はエンプティ間近だけど来た道を引き返すしかない。」
 初めて死の恐怖を感じながら慎重に出口を探し、必死で海面に顔を出したときは窒息寸前で視界は真っ白(ブラックアウト直前)だった
 リーフ上に立ち上がり「うをぉー!!!#$%&!!!」と、人気のない暗闇の中、大声で叫んだ。
 恐怖や安堵じゃなく、軽率な判断でルールを破った自分の行動が腹立たしかったから
 そのトラブル以降は、どんなに安全だと思っても決して穴をスルーすることはなく、「やとぅや・・・」のルールを馬鹿正直に実践してるど
 写真の魚は、やとぅに住み着くかわいい小魚のキンメモドキです(かまらんどぉ)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/249-7eaf9d4e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。