上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.28 いかしば(5)
100328ikasiba01
【いかしば】 ミズイカの産卵床 (1) (2) (3) (4)
 みずいか(ツツイカ目・ジンドウイカ科・アオリイカ)は高価で取引される重要な水産資源で、春先から初夏にかけて穏やかな湾内の水深10m前後の”しるじ”(砂地)に生える海草等に数千粒の卵の入った袋(卵嚢)を生みつけます。
 海草のかわりに”いかしば”と呼ばれる雑木の枝木を束ねて沈めた人工の産卵床を設置するとイカ類が産卵することが知られており、全国的に漁業関係者によりいかしばの設置が行われています。


100328ikasiba02
 今日は”まほろばやまと漁業集落”(国の離島漁業再生支援交付金制度により指定された団体)で、いかしばを投入しました(昨年のいかしば設置の様子はコチラ)。
 北風ドン吹き大シケの中、「あいあいーがしあらんどー、いやいやーがしすらんばー」(あーでもない、こーでもない)っちみんなが現場監督の設置作業!(全員船頭なんだから当たり前)
 波で流出しないよう比較的穏やかな大和浜松崎沖に100体のイカシバをまとめて設置。
 兄ょは一番の下っ端なので海の中で船を引いたりイカシバをそびいたり(引きずったり)大変な作業だったけど100体のイカシバツリー壮観だったどー!
 (今日は濁っとったから晴れた日に撮影して再度アップします)


100328ikasiba03
 作業終了後のオジんきゃ
 寡黙な”いしょしゃ”(漁師)達も漁協に集まればみんな噺家です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/240-a5200613
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。