上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.31 せへ
091101sehe01
【せへ】 酒(黒糖焼酎)
 ”せへ”は米麹と酵母菌醗酵させた一次仕込みに、黒糖の溶解液を混ぜ合わせ二次仕込みを蒸留して作ります。
 その製造法は古く奄美大島民俗学のバイブルともいえる名越左源太の南島雑話にも詳しく記載されており、戦後も各シマジマで密造酒が作られ島民に愛飲されていたそうです(とっかオジが税務署が来たら酒瓶を隠したっち言っとった)。
 現在でも多くの蔵元が黒糖焼酎を製造していますが、写真の焼酎は兄ょのおススメ銘柄の4本です。

○ 「里の曙」(町田酒造:龍郷町)は焼酎のスタンダードをそれまでの30度の個性的な香りの焼酎からアルコール25度のまろやかな味に大変換させた革命的銘柄です。
○ 「れんと」(奄美大島開運酒造:宇検村)は後発ながら音響熟成(クラシック音楽で熟成)を売りに南部を中心に根強いファンを獲得しました。
 この二つのマイルド系銘柄は島の焼酎シェアの半数を占めいています。
○ 「ルリカケス」(高岡酒造:徳之島町・ラム酒・40度)はマイルド系が主流を占める焼酎業界において独自のアイデンティティを主張し続ける無頼派です。
 この焼酎の美味さに記憶を失いハメをはずした人は限りありません。
○ 「竜宮」(富田酒造:奄美市名瀬)は兄ょの一番のお気に入りで、まろやでありながら深いコクのある昔ながらの黒糖焼酎です。
 世間になびくことなく変わらない蔵元の姿勢には頭が下がります。


 今年も一番人気はウォッカ・・・といってもお酒じゃなく競馬・秋の天皇賞に出走するサラブレッドの話。
 ウォッカとは角井勝彦厩舎に所属する5歳牝馬で、これまで阪神JF・ダービー・安田記念(2回)・ヴィクトリアMC・天皇賞と日本競馬会の根幹レースを6勝もしている名馬。
 なかでも昨年の天皇賞はライバル・ダイワスカーレット(4歳・牝馬)との壮絶な叩き合いで鼻面を並べてのゴール板入線後、長ーい写真判定の末にハナ差(2Cm)で勝利するという天皇賞史上最高の名勝負を演じました。
 常識を覆す豪脚でウマ吉達に愛されてきたアイドルホースも今年ですでに5歳。
 人間で言えば30台半ばの熟女といったところで、おそらく年内で引退でしょう。
 競争成績のみならず繁殖牝馬としても将来を期待される日本競馬会の至宝ウォッカ。
 そんな名牝の走りをライブで見たい!

 っちゅーことで来ちゃいました東京・府中 ディープインパクトのダービー以来4年ぶり
 5歳という年齢、ふがいない内容で負けた前走、1番人気に鬼門の秋の天皇賞、長い競馬の経験知から危険な人気馬の予感のする今年の天皇賞ですが、それでも応援せずにはいられないのがウォッカの魅力
 疾風のごとくゴール前を駆け抜けるか、それともズブズブと馬群に飲み込まれるか・・・どの様な結果でも潔く受け入れるのがウマ吉の性分
 ウォッカからの応援馬券(単勝・1着固定の連単と3連単)を手に応援するどー
 馬券を的中させてウォッカで?・”せへ”で?杯じゃー


091101sehe02

《追記》
 返し馬(本場場入場)に姿を見せたウォッカは不思議なほど落ち着いていた。
 落ち着いているというよりはむしろ覇気が薄れ、競走馬の体から繁殖牝馬の体へ変化が始まっているようにさえ感じられた。
 おそらくジョッキーの武豊もウォッカの体調の変化を感じてか、ファンにウォッカの勇姿を目に焼き付けるかのように常歩(なみあし)でゆっくりとスタンド前を歩かせた。
 レースは1,000m通過1分弱というスローペースを中断後方で追走。
 折り合いに難のある(行きたがる)ウォッカをなだめるためとはいえ瞬発力勝負では絶望的な位置取り。
 直線に向いて先にスパートしたカンパニーとスクリーンヒーローを追いかけ、弾けるように馬群から抜け出してきた・・・と、思ったのも一瞬ですぐに足色が鈍り2番手に体を合わせるのが精一杯の大勢。
 3着でゴール板を通過したウォッカを見届けたけどなぜか悲壮感はなかった。
 出走前から状況が厳しいことはわかっていたし、だからこそ応援に来た。
 人間だって負けるとわかっていても戦わなければならない勝負があるし、潔い敗戦こそ見るものを引き付ける。
 くしくも勝利ジョッキーインタビューで横山典弘騎手が「競馬は点ではなく線でつながる。」とみたいなこと言っていたけど、いつも勝ち続けることなどできる訳もなく敗戦にこそ成功の糧があり、強者が衰えていく様も競馬のストーリー。 
 強さと脆さ(繊細さ)の同居したウォッカのレースは見るものを楽しませたけど、これから繁殖牝馬として輩出する競走馬を見るのが本当に楽しみだ。 


091101sehe03
 「あ~」とうなだれて座り込んだ兄ょだけどすぐに立ち上がった
 「カンパニー・スクリーンヒーロー・ウォッカ?・・・それ持ってるドー!
 唯一ボックス馬券(すべての組み合わせを購入)で購入した”2・3・7”がなんと的中
 ウマ吉達があこがれの”帯封付きレンガ”をゲット
 「信じるものは救われる。」そう実感した天皇賞だったどー。ウォッカ~ さんきゅ~
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/215-bfa3c90b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。