上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.29 はーすび
090929ha-subi
【はーすび】 ヒメフエダイ(魚名)
 スズキ目・フエダイ科(09.09.28 親川崎 水深2m エビ網漁にて混捕 1.5kg)
 フエダイの仲間を”すび”と総称しますが、”はーすび”(赤すび)、”きーすび”(黄すび)等と外観から区別して呼んでいます。
 潮通しの良い岩礁に生息していますが、はーゆ(赤魚:イットウダイ科の総称)同様、夜行性で昼間は岩の割れ目に隠れており銛漁で捕獲されることはほとんどありません。
 食べ方は、なんといっても”いゆんしる”(魚汁)が一番です。


 兄ょが刺し網漁に使う網は、6尺網(高さ180cm・透明ナイロン製・3重網《別名地獄網》)とエビ網(高さ120cm・着色クレモナ製・一重網)があります。
 6尺網は多くの魚を絡め獲り漁獲が期待できますが、雑魚や珊瑚礁が絡み付き維持管理に手間が掛かって一人での操業には不便なことから、最近は扱いやすいエビ網を多用しています。
 網目が大きく一重のエビ網は魚用ではありませんがこの網に掛かる魚はどれも美味しいばかり魚です。
 今日はイセエビに混じって、ねばりせばち等の網を恐れない肉食系の魚(どれも高級魚)、そして珍客の”はーすび”が掛かっていました。
 イセエビ狙いの刺し網で外道扱いの魚達ですが、わが家では主賓以上に重宝され食卓に上がります。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/208-e502a4b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。