上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.25 つきいしょ(2)
090823erabuti01
【つきいしょ】 銛漁(漁法)
 で魚を突く”つきいしょ”は狙う魚種によっていくつかのアプローチ法があります。
 ”くすこ”(ナガニザ)や”あやぐすこ”(ニジハギ)などを獲るには干潮時の”くし”(リーフ)に立ち、”やとんむぃ”(割目の口)から出てくる魚を細めの銛で突きます。
 浅海で行われ、獲物が小魚なため初心者向きの漁に思われがちですが、集中力と素早い反射神経が必要な奥の深い漁で専門の漁師がいるほどです。
 ”はーじん”(スジアラ)や”ねばり”(ハタ)類を獲るには水深10m~30mの海底まで魚に合わせてゆっくりと潜ります。
 推進力(フィンなど)を使わず水中沈降を利用して潜る(沈む)と静かに獲物に近づけるだけでなく、酸素の消費が抑えられ長時間潜ることが可能になります。
 また、ねばり類は比較的突き易い種類ですが、(個体数が少なく)乱獲すると種を絶やしてしまう恐れがあるので必要なときだけピンポイントで潜り、確実に仕留められる時だけ突くように心がけています。
 ”えらぶち”(ブダイ)突きは両潜りの中間で浅海から深海まで広く行われ、くすこの様に素早く突かないといけませんが突き所を誤ると身を引きちぎって逃げてしまうので確実に頭を仕留めないといけません。
 また、えらぶちは青と赤では習性が違うので寄り方が若干異なります。
 興味のない方にはつまらない話でスミマセン。


 「エビ汁よりエラブチ刺身ぬかみちゃさ(食べたい)やー」っちゅーことで、1カ月ぶりの”つきいしょ”に
 イセエビ網の揚網(5時起床!)から帰ると素早く飯を食らって速攻宮古崎へとんぼ帰り
 網を設置して回収するという作業的な網漁と違ってエラブチ突きはどちらかというとレジャー感覚
 ”かみだめ”(食べる分だけ)獲って余りは近所に配ればいいのだから
 気持ちよく潜った後、飯を食おうと舟にあがると準備したはずのお茶がなくてガックリ
 そのかわりクーラーボックスの底にギンギンに冷えた缶ビールがあったので急遽予定変更
 その日の漁は終わりにして、エラブチ刺身を切って一人屋形船状態で流れることに
 の日曜日、涼しい風に流されながら飲むはサイコーど
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/203-c1ad99c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。