上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.02 ふなしゅぶ(3)
090801hunakogi02
【ふなしゅぶ】 舟漕ぎ競争 (1) (2)
 ”ふなしゅぶ”最大のイベント、奄美まつり舟漕競争が8月1日に奄美市名瀬商港区で開催され、島内から225チームが参加して櫂捌きを競い合い、一般の部で優勝の栄冠を手にしたのは国直の隣ジマ根瀬部町内会でした。
 根瀬部は奄美まつりの草創期から国直や湯湾釜、大熊と共に優勝を競い合った古豪で、一時低迷する時期もありましたが平成12年に久々の優勝を果たしてからは常に安定した力を発揮していました。
 今年も予選から破格のタイムを叩き出し、決勝戦では仲勝壮年団と歴史に残る大激戦を演じて長い写真判定(タイム差0.04秒!)の末に勝利しました。
 隣ジマの快挙を共に喜ぶとともに、大きな刺激を受けた根瀬部の優勝でした。
 写真は優勝後のヴィクトリーラン?の様子(ちなみに左の2列目はサーモン&ガーリックのガーリック氏です)。


090801hunakogi01
 「精一杯頑張ってきますので、ご声援よろしくお願いいたします。」と、選手全員で応援席に一礼してスタート地点へ向かう時、すでに兄ょの目はウルウルしていた
 若い世代を育て舟漕を次の世代へつなげるために練習を再開したけど、選手全員が舟漕のもたらしたもう一つの大きな成果を実感していた。
 練習を通じて高校生から50代の壮年団まで漕手が結束し、それを応援する村人が毎日浜辺に集い連帯感が強まったのを体感していたから。
 残念ながらレースは2回戦敗退という結果に終わったけど、誰もうつむくことなくテントに戻って応援席に最後のお礼をしました。
 「集落の皆さん、ご声援本当にありがとうございました。」
 選手全員で応援席に整列してオジ・オバの顔を見たときは、感謝の気持ちと期待に応えることのできなかった無念さから涙がボロボロ出てきた(誰にも見られんように濡れタオルで顔をゴシゴシ拭いながら泣いた)
 「オジィ、オバァ有難っさまりょーた。 ヤネ(来年)は気張りゅっとー!」
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/197-5ca42242
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。