上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.28 しし
090628sisi01
【しし】 イノシシ(動物)
 ウシ目・イノシシ科・リュウキュウイノシシ
 銃による”ヨマチ”や縄による”クビリゴ”、落とし穴による”シシゴモリ”等で捕獲され、古くから島人の貴重なタンパク源でした。
 本土のニホンイノシシより小さいのですが、肉質、特に皮目の油は本土のそれに比べ柔らかく上質です。
 炭火で焼いて塩コショウ(通は塩のみ)で食べるのが一般的ですが、新鮮なうちは”ながんじし”(内ロース)や”肝”(レバー)、”まめ”(心臓)、”ふぐり”(睾丸)などは塩ごま油や生姜醤油をつけ刺身で食べることができ何よりのご馳走です。
 ちなみにわが家では正月やお祝いの席で供される”三献”の二の膳のスープとして食べています。


090628sisi02
 「おーいっ、シシみんじゃんかなん、マキ打たんな?」(イノシシ獲ったからシメらんか?)、そう言って和夫オジが来たので、「オヤ(親)な?クワー(子)な?」と聞くと、「あい、クワーど」との返事

 何でこんなやり取りになったかというと、最近7,8匹の子ジシと100斤(60kg)以上ありそうな親ジシのファミリーが頻繁に出没しては、イッちゃんの地豆畑や和夫オジのスモモ畑で”すここい”(地面を掘り返す)する傍若無人な振る舞いが集落内で話題になっていたから。
 上の写真も兄ょの家の縁側から撮った写真で、ライトを向けても一心不乱に地面に顔を埋めぜんぜん警戒していない様子。

 「あげー、がっしゅんむんマキ打つのは簡単だんぱ、かみだめねんどー」(シメるのは簡単だけど小さすぎて食べるだけないよ)っちいうことで、殺さず”つかなう”(飼育する)ことに。
 「こねだ、ノリのひんじゃやあつかたんかなん、あんひんじゃやどりっち入ーろ。」(この間、範樹オジのヤギは処分したから範樹オジのヤギ小屋に入れよう)と、勝手な段取りで範樹オジの裏庭へ
 実は範樹オジ、これまでもイノシシを飼育した実績の持ち主で手際よく小屋の中へ。
 兄ょが、「ししはぬーかむんわけー?」(イノシシは何を食べるの?)と聞くと、「心配すんな。ワンがネセんきゃのため、てーにんし、ほですんよー。」(オジが青年達のため大事に育てるよー)との心強い返事
 っちゅーことで、舟漕の祝勝会(?)は和夫オジ&範樹オジのししん汁に決まりどー! キバランバー!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/191-f977de8d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。