上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.05 いしょめちか
090405si-munyu
【いしょめちか】 出漁前の目配せ(島の諺)
 ”やまうば、いしょめちか”と言われ、山へ出かける際は「大きな獲物を獲ってくるから。」と、大法螺を吹いて行くほうが良いが、海へ出る際は決して「まらしてこーえ。」(大漁してきます)等とは言わずに目配せだけで出かけたほうが漁が付くという意味の諺です。


 明日、4月6日は小学校の入学式
 「なまら潜り行きゅんかなん、あちゃぬすぃーむんいゆやこわんていっちゃんかなんよー」(これから潜りに行くから明日のお祝いの吸い物の魚は買わなくていいからね。)と新入生コーキの父ちゃんに
 準備が二重にならないよう気を利かしたつもりでしたが、”いしょめちか”のとおり出漁前に獲物の使い道を手配するのは不吉な予感がしていました・・・
 天候は下り坂なので、しばらく石川で潜ってシケ始めたら湾内に場所を変え漁を続ける計画でした。
 11:00頃には雨が降り始め、風も上がって(北向きにまわって)波が高くなったので錨を揚げ船を走らすと・・・ブルン・ブルン・ブルン・・・エンジントラブル発生です
 「マジかよー」と思いながらも”よほ”(櫓)で漕ぎ出したのですが、船は進むどころかあっというまに海面を流され瀬波に飲み込まれそうな勢い
 あわててマスクとフィンを着けて海に飛び込み船を引っ張るのですが風に押され全然進みません。
 船首に摑まり波間から波頭を見上げると壁のような波が押し寄せてきて3回目の船くぶし(転覆)を覚悟しました(1回目2回目)。
 「この状況で転覆したらカメラと水中銃くらいしか持ち帰れないな。」と弱気な考えがよぎりましたが、必死で泳ぎ湾内へ逃げ込むことができました
 親川崎からは船上へ上がりよほで漕ぎ始めたのですが、足元に転がったペットボトルの燃料を見て思わず「あぁ~!」っと大声が出ました。
 船の船外機はガソリン:オイル=50:1の混合燃料ですが、今日補給した燃料はいつもより濃いオレンジ色で明らかに希釈の濃い燃料、これがエンジントラブルの原因でしょう。
 ○○石油のオジが草刈機と間違って25:1の混合を作ったのでしょうか
 最初は給油ミスに腹が立ちましたが、気づかなかった自分も悪いし、遭難せずに帰ってこれたので恨みっこなしです
 なにより約束どおりコーキに”すぃーむんゆ”(吸物魚)を獲ってこれたしね以後気をつけるベシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/173-0bc9d300
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。