上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.28 いかしば
090308ika01

【いかしば】 みずいかの産卵床
 ”みずいか”(ツツイカ目・ジンドウイカ科・アオリイカ)は高価で取引される重要な水産資源で、主にミズイカ曳縄漁(いきゃびき)により水揚げされます。
 みずいかは春先から初夏にかけて、穏やかな湾内の水深10m前後の”しるじ”(砂地)に生える海草等に、数千粒の卵の入った袋(卵嚢)を生みつけます。
 海草のかわりに”いかしば”と呼ばれる雑木の枝木を束ねて沈めた人工の産卵床を設置するとイカ類が産卵することが知られており、全国的に漁業関係者によりいかしばの設置が行われています。


090228ika02
 今日は”まほろばやまと漁業集落”(国の離島漁業再生支援交付金制度により指定された団体)で、いかしばを投入しました(前回のでぇーいきゃだ設置の様子はコチラ)。
 前日に切り出した”しいぎ”(イタジイ)の枝を土嚢にくくりつけたいかしば200体を4地区に振り分けて準備完了
 浦内地区では巌オジの大吉丸でのりきごと、和夫オジの海丸でくるがまに向け”ごーあへっ”
 もちろん2箇所とも天然の産卵場所としてもAランクの好条件場所です
 潜って設置場所を決めいかしばが拡散しないよう海中から指示しながら慎重に投入
 投入後も離れたものを移動して、すべてが直径5m以内の範囲に納まりました
 これなら流出の危険性が少なくなり、何よりイカが好んで産卵するハズ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/162-f674fa95
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。