上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.30 がしち
uni01
【がしち】 ウニ(魚貝類)
 ウニ目・ラッパウニ科・シラヒゲウニ。
 ホンダワラ等の海草群落帯を好みますが、近年は藻場の減少により水深3m以浅のサンゴ破片地帯(ウルンムィ)に多く生息します。
 食用となる黄橙色の身は生殖腺で、色が濃いのが卵巣で色が薄いのが精巣です。
 実入りは8月が最大で(指数3.66)2月が最小(指数0.26)との研究報告があります。


 ウニは市場価値が高く高値で取り引きされるため、厳しく漁場が管理されてきました。
 国直では、集落の漁民が中心となってウニ管理組合を設立し他地域からの入り込み、漁期、規格、藻場など漁場を管理し資源確保に努めました。
 しかし、サンゴや藻場の消滅といった環境変化に伴い1980年代後半から徐々に水揚げが減少し94年から全面禁漁にすることになり、ウニ管理組合も消滅してしまいました。
 禁漁期間中も、和夫オジを中心として稚ウニの放流、藻場の造成、監視活動等継続して行いました。
 監視活動中に密漁グループを発見しウニを海へ戻すよう注意すると、逆ギレされ身の危険を感じたこともありました。
 そんな中04年頃から徐々にウニの個体数が増え始め、翌05年には10年ぶりの解禁を迎えることができました
 その成果は05年が120本、06年が92本、07年が63本でした(二合瓶です)。
 また、水揚げは非組合員を含め集落民共同で行いました。
 若い男達が潜り、オジ達が舟持ち、オバ達が瓶詰め、高齢者が水換え等の雑用をこなし、参加者全員に分配することができました。
 共同で漁をすることによって、実入りのよくない場所や小さな個体などは採らないよう漁獲調整でき継続的な漁場管理ができました。
 国直"コルホーズ式"集団管理に資源保護のヒントがあるのでないでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/16-3bd104f8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。