上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.03 なんこ
090101nanko01【なんこ】 何個(酒席の遊び)
 3本ずつ持ったナンコ珠と呼ばれる棒のうちの何本かを握って出し合い、互いに相手の握っている本数を当てる遊びです。
 ナンコ盤を間に2人が対座し、“検見”と呼ばれる行司役が台の上座に座ります。
 島の正月には欠かせない遊びで、やーつきで男達が集まるとナンコが始まり、”下駄ん歯”(2本)、”下駄ん目”(3本)、”きょーで”(兄弟:同数)、”せざ”(兄:一つ上がり)など独特の数え方が威勢よく飛び交います。
 単純な数当て遊びですが巧みな話術と気合で相手を揺さぶる心理戦が展開され、スピーディで迫力の在る熟練者同士の対戦は観客をも楽しませてくれます。
 なお、“ぱら”(1本も持たない空っぽ)は縁起が悪いとされ、正月などのお祝いの席では禁止されます。


090101nanko02 なんこは酒飲みに始まり酒飲みに終わる遊びです。
 向き合ったときにはうやうやしく挨拶の口上を述べながら一口飲み、負ければ飲まされ、勝ってもついついグラスに手が伸び酒杯が進みます
 そのうちナンコ盤やナンコ珠にも「せえっくわおーせろへー」(お酒をお供えしましょう)と”飲ませます”
 負けが込むと酒量が増え2~6の足し算がおぼつかなくなり、さらに飲まされる羽目になります
 なんこが始まると天国へ昇るまでの時間が格段に早まります。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/137-d3601f9f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。