上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.03 くが
081203kuga
【くが】 シマサルナシ(果実名)
 オトギリソウ目・マタタビ科・シマサルナシ(和名:ナシカズラ)
 山林に自生するつる性植物で、秋にはウズラの卵ほどの大きさの実がたわわに実ります。
 表面のザラザラ感や鮮やかな緑色の果肉、放射状に並ぶ細かな種など、キウイフルーツのミニチュア版です(ただしキウイフルーツは中国産のサルナシを品種改良してできたという説は誤りらしいです)。
 清涼感のある酸味と香り、かすかな甘さは小さいながらも”ワイルド”キウイといった感がありますが、何故か今年の実は小ぶりなものが多いそうです。
 生食も美味しいのですが、少々のザラメと黒糖焼酎に漬け込むと野趣味たっぷりの果実酒になります。


 帰宅すると玄関にくがのツルが掛けられていました
 こんなものを置いてくのはシゲちゃんしかいません。
 シゲちゃんはイタチ駆除を生業にしているサラリーマン山師です。
 山を駆け回る仕事がよっぽど性に合うらしく、「毎日が楽しくてしょうがないっちょやぁ」と、満面ので話しています。
 それに加え、今の会社は社会保険完備らしく人生初の社保に大喜びです。
 「ウチのとーちゃんシャカイホケーン家族の安心シャカイホケーンかーちゃんもご機嫌シャカイホケーン」と、夜な夜な自作の社会保険賛歌を合唱しているらしい、とか
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/122-8415511d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。