上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.28 なば
081128naba01
【なば】 椎茸(しいたけ)
ハラタケ目・キシメジ科・シイタケ
 椎茸栽培は、冬場に切り出し1m程度に玉切りした”しいぎ”(スダジイ)の原木にドリルで深さ2Cm程度の穴を開け、”種駒”(椎茸菌を培養した木片)を打ち込んだ”ホダ木”をつくることから始まります。
 菌が活着したら、日差しが当たらず水はけ、風通しのよい場所にホダ木を積み上げ、菌の状態を見ながら展開(並べて広げる)や天地返し(菌が均等に広がるよう引っくり返す)、散水をします。
 我が家の”なば”は放任主義で、2年前に菌を打った20本のホダ木を”やんくし”(家の裏)に放ったらかしにしていました(もちろん展開や天地返し、散水といったややこしいのはナシです)。

081128naba04

 「見てごらーん」と、庭の掃き掃除をしていたチビKが両手いっぱいのなばを抱えて走ってきました。
 「はぶじー!」兄ょも驚嘆の声をあげました。
 今シーズン初物の立派ななばです。 急に季節風が吹き、気温や湿度が低下したので発生したのでしょう。 どれも肉厚で菌糸を吹いた上物です。
 折しも、「今日の夕飯は勝ちゃん夫婦から出産祝に貰った黒豚をしゃぶしゃぶで食べようや。」と話してたので、”渡りに船”、”鴨にネギ”、”豚しゃぶに生なば”です。
 霧島高原ロイヤルポークも美味しかったけど、今日のしゃぶしゃぶは柔らかくジューシーな生なばがメインでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/120-4401bc97
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。