上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
nebari01【いっきゅーとりゃ】 アオノメハタ(魚類名)
 スズキ目・ハタ科・青之目羽太 (08.10.27 水深5m 落とした網の回収時に馬小瀬のしーばなにて捕獲)
 潮通しの良い岩礁域に(つがいで?)生息しています。
 紫褐色の地に青い斑点が散らばり、腹から尾びれにかけて濃淡の4本の縦縞がありますが死ぬと薄れます。
 ”ネバリ”(ハタ)系はなわばり意識が強く、まるで威嚇するかのように人間に向かってくるので突きやすい魚です。
 方言名の”いっきゅーとりゃ”とは、生きている魚(または生餌や釣り上げた魚)を、その大きな口で丸呑みすることから付けられていると思います。
 身が柔らかいので、沖縄では”ヤワラミーバイ”というらしいのですが、十分冷やして刺身にするとしっとりとコシのある柔らかさになり、でりゃ~ウマです。
 写真のいっきゅーとりゃは”くんにょり ハッピー フォーエバー”の準備作業のまかないで食べました。


 ところで、ネバリの頭に身がたっぷり付いているのはなぜだか知っていますか?
 田畑千秋先生の”奄美大島の口承説話”(名音の豊忠オジの口承)にも出てくる奄美の有名な昔話です。
 昔、継母が子供にいつもネバリの”もながまち”(身のない頭)ばかり食べさせているのを見た父親が「きもちゃげさー」と悲しんで、ネバリをさばくときに頭に身を押し込んで子供に食べさせたことからネバリの頭には身がたっぷり詰まっているそうです。
 我が家でも、いゅん(魚)汁にするときは”まったぎり”(身のブツ切り)より頭が人気です。
 兄ょはほっぺたの肉が大好きで、チビKは目の周りのプルプルが好きらしく、「目ぇ~、目ぇ~」とヤギのようにはしゃいで食べます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunnyori.blog43.fc2.com/tb.php/109-020c9a9d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。