上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.01.18 ひきゃげ
20140118ひきゃげ01
【ひきゃげ】サツマイモと餅粉のお餅(正月料理)
 ひきゃげは蒸したサツマイモと餅粉を混ぜ練り合した正月料理。ヨーカトハツカ(1月18日と20日)にトクモチ(鏡餅)を「引き揚げ」て作ることからこう呼ばれているとか(真偽のほどは不明)。どちらにしても正真正銘、最後の正月料理。


20140118ひきゃげ06
 伝統文化を残したいという思いから大和村のカレンダーにも「ヒキャゲ」と掲載。「カレンダーを見て作ったよ」という声を聞くとほんとにうれしくなる。今年も恵子姉が中心となって国直莢の会(くになおさやのかい)と子供たちがひきゃげ作りに挑戦した。

20140118ひきゃげ02
 まずは茹でたサツマイモのうえに餅粉をちぎって投入し加熱(すでにサツマイモが甘くておいしい!)。餅粉が透明になったら木べらやすりこ木でかき混ぜる

20140118ひきゃげ03
 混ぜながら砂糖を加える(砂糖の量は好みだけど少なめのほうがサツマイモ本来の甘味が際立って美味)。

20140118ひきゃげ04
 今年は試験的にムラサキイモも使用。途中、茹で汁が真っ黒になりオバ達の脳裏に不安がよぎるもきれいな紫色になって一安心。

20140118ひきゃげ07
 サツマイモを15キロも使うと食べきれないほど大量に出来上がった。余ったヒキャゲは集落中におすそ分けしたとか。

20140118ひきゃげ05
 料理の後はみんなでゆんきゃぶり(おしゃべり)ながらの試食会。人工甘味料にはない素朴な甘さが懐かしかった。
 子供とお年寄りが交流しながら料理を作るいいイベントだったやー。毎年続けたいねー。
スポンサーサイト
2014.01.15 かめざらい
20140115かめざらい
【かめざらい】 正月料理食べおさめ(正月行事)
 1月15日はクヮーショウガツ(小正月)。
 国直ではウヮンフネィ(豚骨)やトゥクムチ(鏡餅)などのご馳走を食べます。
 正月料理をかたづける日なのでカメザライの日とも呼びます。
 門松を片づける日でもあり一通りの正月行事が終わる日です。


 画像はヤス姉特製のウヮンフネィ。ツバシャ(ツワブキ)や豚肉を大胆にカットするのがヤス姉流。今日は、大事な大事な一人息子のリクエストにこたえて全長30センチの三枚肉入り!フル(ニンニクの芽)の辛みと豚油の甘味がゼツミョーに絡んでウマイ!今日でウヮンフネィ食べおさめなのがホントに残念でならん(T_T)
20140104成人式
【ねせ めらべや しまぬ たから】 青年処女はシマの宝(島の諺)
 青年男女はシマ(集落)の宝であるということ。これから子を産み育てて村の繁栄の元になるべき人々だから次代の村をになう大切な世代だ。若い、若いといってあなどってはならぬ。(三上絢子編奄美諸島の諺集成)


 毎年1月4日は村の成人式。今年は29名の“ねせめらべ”(青年男女)の成人を祝った。
 成人式のメインは成人者全員のスピーチタイム。それぞれが現在の生活、将来の夢、両親や地域への感謝など、どれも二十歳の若者とは思えないしっかりとした口調で語ってくれた。そんなスピーチの大トリを務めたのが国直のシンノスケだった(あとから思えば意識的に最後尾に陣取ったのかもしれん)。
 多くの若者が「将来は奄美大島や大和村の役に立ちたい」と述べるなか、シンノスケは「僕は大和村というより国直が大好きです。国直は子供からお年寄りまで家族のように暮らしています。目の前で撮影をしているオサム、会場の外で見守る子供たち、集落の人みんなが僕のことを見守ってくれています。僕は今、鹿児島で革細工の修業をしていますが、将来は必ず国直に帰ってお店を開きたいと思います」と語った。
 シンノスケのあまりにもストレートな言葉に目がウルウるしてしばらくファインダーから目が離せなかった。別れの挨拶もせず風来坊のように出て行ったけど「やっぱりこいつは国直から離れないでいる」そう感じてとても嬉しかった。
 「ねせ めらべや しまぬ たから」じゃ。
2014.01.03 うーぎはじめ
20140103初泳ぎ01
【うーぎはじめ】 初泳ぎ(年中行事)
 毎年、1月2日は国直海岸で大和村水泳連盟主催によるうーぎはじめ(初泳ぎ)が行われます。
 今年も未就学児から50代のまで総勢50人が参加。ジョギングで体を温めたのち一斉に入水していきました。 
 参加者たちは沖合まで泳ぎ、三本締めで今年の無病息災を祈願。
 晴天とはいえさすがに寒そうな表情でした。画像は恒例の記念撮影後に海岸へ駆ける子供達。


20140103初泳ぎ02
 はつうーぎ生みの親タケシ兄。
 二日は兄の誕生日でみんなが集まってきたよやー。
 正月三が日はみんなヘロヘロになるまで飲んだのが懐かしい。
 そんなワンが今年は禁酒に挑戦中。アブジーど(^_^;)

2014.01.02 ふなよえ(2)
20140102ふなよえ01
【ふなよえ】 舟祝い(年中行事) ふなよえ(1)
 1月2日は二日正月といい“ふなよえ”(舟祝い)や“せっくのよえ”(大工の祝い)をします。
 漁師の家では年末のうちに船の船首に門松(松・竹・ゆずる、うらじろ、あつこ)を飾っておき、1月2日に自宅で“三献”をしたあとに家族でふなよえに行きます。
 酒と塩で船体を清め舟神様に一年の航海安全と豊漁を祈願します。
 また、農業に従事する人たちは畑や山に形ばかりの作業を農耕始めを行うそうです。


20140102ふなよえ02
 港でふなよえを終え帰ろうとするとこへ若草丸のタダスミ叔父が帰ってきたので、新年のあいさつをして水揚げや氷積を手伝った。もちろん何の下心もなかったんだけど・・・

20140102ふなよえ03
 お礼にとカツオ1匹・ウブス2匹・マンビキ5匹頂きました(^^)/タダスミ叔父にはいつもお世話になりっぱなしじゃ。
 そういえば、前にもふなよえの件でプレゼントをもらったことがある・・・


20140102ふなよえ04
 以前ブログにアップした「ふなよえ」の記事と写真を使わせてほしいとの依頼があって「どーぞ、ご自由に」話したことがあったんだけど、忘れたころに送られてきたのが画像の本、「日本の心を伝える年中行事辞典」・野本寛一編(筒江薫・谷阪智佳子・岩城こよみ)・岩崎書店・定価6,300円(!)
 高価な本だけど内容が至極秀逸。日本中の行事をカラフルな画像と詳細な解説で紹介している。子供にも読みやすく大人にも満足できる内容だった。谷阪先生ありがとうございました m(_ _)m
2014.01.01 やーつき(4)
20140101やーすき01
【やーつき】 年頭挨拶回り(年中行事) 2009年のやーつき(1) 2010年のやーつき(2) 2011年のやーつき(3) 2012年のあささんごん
 正月に親戚宅や集落をまわって年頭のあいさつを行うことで“やーすき”とか、”やーまわり”と言います。
 通常は正月三が日を通じて行われる”やーつき”ですが、国直では元旦の内に強行軍ですべての青壮年団員全員宅をまわります。
 今年は涙、ナミダで思い出に残るヤースキでした。


20140101やーすき021
 岡崎家では、ユージ兄が今年成人式を迎える一人娘まりかの昔話をしていると感極まって泣きはじめた。まるで嫁に行く娘を送るくらい顔がくしゃくしゃになっとった。

20140101やーすき022
 盛山家では、普段無口なトッカ叔父が「若者たちに昔の国直を知ってほしいから」と話し始めると、オジの熱い郷土愛に感動したタダシ兄が泣き出した。こうなると涙腺が緩んで涙が伝染し始める。

20140101やーすき023
 座安家では、ハル叔母が「いつもヤースキになると(亡くなった)武志を思う」と泣くと、ユキナリ兄が「子供の成長の喜びと集落へ感謝します」と泣きながらお礼を述べた。しまいには勝に抱えられたアサヒ(カズキの新嫁)が驚いて泣き出すハプニングも。

20140101やーすき024
 塩屋家ではちょっとうれしい涙。難病を発症し骨髄移植を受けた長女アイリが一時帰宅していた。まだまだ東京での闘病生活は続くけど「家族そろって正月を迎えことができたのは本当にうれしい」とケンサクが話すとワンだって泣かずにはおれんかった。

 集落民の優しさと思いやりを実感した今年のヤースキでした。快く出迎えたホストファミリーの皆さん本当にありがとうございました。これからも青壮年団、一致団結して集落を盛り上げていく所存です。たまにうるさくしてご迷惑をおかけしますがどうかお許しください。でぃ、きばらんば。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。