上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.20 とらいび
20120514tora01
【とらえび】ニシキエビ
 エビ目・イセエビ科(2012.05.14湾内水深5m竿釣りにて捕獲)
 国直周辺で捕獲されるイセエビ類は、おーいび(シマイセエビ)、はーいび(カノコイセエビ)、ごしきいび(ゴシキエビ)、とらいび(ニシキエビ)の4種類ですが、その中で最も生息数が少なく、最も大きくなる「とらいび」。
 湾奥の静穏域、砂泥帯に生息し、以前は刺し網漁で水揚げされました近年は個体数が激減。希に電灯潜りで捕獲されます。大きいものは体長60センチ、重量5キロを超えるモノもあり、その大きさと模様の美しさから剥製にして販売されます。味は「他のイセエビに比べ大味」と言う記載を見かけますが・・・ウソです。ぎっしり詰まった身はプリプリとして濃厚で甘く絶品。大きいサイズはツノ(触角)の先端まで食べることができます。


20120514tora02
 先日「第1回国直釣り大会」を企画運営しながら自らの釣果はテボに終わった発起人の国直青年団・村上キョウスケ(写真左)。潜り達者な甥っ子のシンノスケにも頭が上がらず肩身の狭い思いをしていたキョウスケが今夜は大物を釣り上げた(実際にはマブダチのトモヒロが釣って本人はタモ入れだけどや)。
 4キロオーバーのトラエビを2号竿のハリス4号で釣り上げたのは立派。釣り大会の汚名返上じゃ。さすがかずおオジのまーがじゃヽ(^o^)丿
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。