上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.29 すもも
20110529sumomo01
【すもも】 スモモ・李(果実)
 スモモは中国原産のバラ科の落葉高木。
 奄美大島で栽培されているスモモは、花螺李(ガラリ)と呼ばれる台湾原産の品種。本州で栽培されているスモモ(プラム)と比べると小ぶりで赤みの強い実をつけます。
 大和村でのスモモの栽培は、昭和25年に農業改良技師の仁添隆三さん(津名久・故人)が奄美市名瀬里集落から150本の苗木を導入したのが始まりだと伝えられており、現在では大和村と奄美市名瀬地区で島内生産量の9割を占める主要産地となっています。
 平地の少ない大和村にあって、栽培農家160戸、栽培面積49ヘクタール、生産量150トンと村の中心作物に成長。タンカンと共に「果樹の村作り」の一翼を担っています。


20110529sumomo02
 「がんふぇっさ てーふぬきーば しーさきぬあんな」(こんなに早く台風が来ればどうしようもないよ)と、ボヤくあきらめ顔のスモモ農家たち
 フィリピン東方で発生した台風2号は、南西諸島を沿うように奄美諸島直撃コースを進んでいた。
 6月中旬に収穫を終えるスモモは台風被害が少いといわれてきたが、今年は収穫前の最悪なタイミングでの台風襲来丸々と熟したは落果寸前で、強風に耐えられないことは素人目にも明らかだった。
 28日深夜、不気味なほど静寂だった台風2号だったが午前3時ごろから断続的な強風が4時間ほど吹き荒れた。
 「無理だろうな・・」と思いながら翌朝スモモ畑に向かうと、やはり畑一面に撒き散らされたスモモの実が散乱。特に大きな実(高値)ほど被害が多く、落実に限らず枝や幹の折れた木も見られた。
 夕方のりオジに会ったので、「すももや きゃっしぃ」(スモモはどうだった)と尋ねると、「はてらむどぅてぃっから ふだんぬまんビールば ちゅくちしぬだんよ」(畑から帰ってきて 普段は飲まないビールを 一気で飲んだよ)と笑う。陽気に話してくれたが心のうちはどれほど無念なことか
 今年は歴史的な不作が間違いないスモモ。強風に絶えた実を大事に食べようや~
スポンサーサイト
2011.05.13 かむぃ(3)
20110513kame01
【かむぃ】 ウミガメ(海亀) これまでの投稿→ 子ガメ(1)(2)
 爬虫類・カメ目・ウミガメ科・(アオウミガメ・アカウミガメ・タイマイ)
 ウミガメは5月から7月の間、産卵のため砂浜に上陸します。
 昨年の国直海岸はウミガメの上陸クラッシュ。延べ20頭以上の上陸を確認し、8月には元気な子亀の孵化が見れました。


20110513kame02
 「くっかるぬ鳴きてければかむぃぬ寄りゅん。」(アカショウビンが鳴く頃になるとカメが浜に上がる)の諺のとおり、今年も5月7日にアカショウビンの初鳴きを聞いた1週間後に国直海岸にも亀がお目見え。
 てるぼーずの照姉さんが、「誰か海岸で重機を乗り回してるよ~」っち見に行ったらだいばん(大きな)亀の上陸跡
 しかも、満潮ラインを踏んで今しがた上陸したホッカホカの足跡。
 つまり足跡からわかるのは、満ち潮にのって満潮(午前3時頃)前に上陸し、引き潮と共に早朝(午後5時頃)海に帰って行ったということ。
 残念ながら今朝は挨拶だけ(産卵は無し)だったけどまた来ること間違いなし
 次はくゎーなして行けよ(子ガメ産んでね)!くんにょりの夏ももうすぐじゃ
2011.05.08 すわしん(2)
20110508suwa01
【すわしん】 バラハタ(魚類名) (1)
 スズキ目・ハタ科・バラハタ (2011.05.08 宮古崎水深10m銛漁により捕獲)
 水深5m以上の潮通しの良い珊瑚礁外縁に生息する。
 同じハタ科のはーじんはーじん(2)(スジアラ)と似ますが、尾びれの端が湾曲して長く、先端に黄色のラインが入るのですぐに見分けることが出来ます。
 スジアラに比べ警戒心が強くダイバーと一定の距離を保とうとする習性があるので突きにくい魚の一種です。
 一部の海域ではシラテガ毒を持つことがあると聞きますが宮古崎周辺での発症例はありません。


 今日は母の日
 鮮魚店を営んでいるのだから(妄想だけどネ)、盆と正月と母の日のプレゼントはブインの(新鮮な)魚を送ろうと宮古崎へ
 錨を落として準備を始めるとなんだか異変発生
 ウェットスーツに太股が入らんし、上着のチャックを閉めるとミョーに胸が息苦しい。おまけにお腹がじゃまで足ヒレを履けれん
 実は・・・運動不足と酒の怠惰な生活から半年で体重が10kg以上アップしとった
 トドかアザラシのように優雅に(?)泳ぎまわりどうにかをゲット
 ゴールデンウィークが終わったらジョギング再開しよう
2011.05.05 つのまる(2)
20110505tuno01
【つのまる】 テングハギ(魚名) (1)
 スズキ目・ニザダイ科・テングハギ属(2011.05.04 ツッサキ沖水深5m 銛漁により捕獲)
 春先のツノマルは海草を食べてお腹パンパン・油ギットギット・匂いフルフル!
 一般市民は決して食してはいけません。
 誤って釣り上げたら触らずに兄ょに届けてください。
 刺身と汁にして安全に処分します。


20110505tuno02
 んぅ~何日ぶりの海だったか。10月の豪雨災害以後は潜ってないから半年以上は潜ってなかったハズ。
 友人の兄む~ちょ夫婦が遊びにくるっち言うから「でぃ、リハビリぐゎ行じこえ」っち、久々に出漁したけどあいにくの大雨で大濁り。
 2,3時間潜り倒して突いた刺身が”ツノマル”一匹
 シビ・カツオしか食わん街の人には鼻を摘む超臭い、クラクラするぐらい芳香な魚(国直では高級魚)
 ところが、さすがのシェフムーチョ夫婦。刺身も濃々(くぃぐぃ)スープもペロリ完食。
 先入観なく島の魚を食べてくれました。
 梅雨が明ければ、夏はもうすぐ。兄む~ちょのおかげで「国直鮮魚店」営業再開しますアリガッサマリョータ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。